「坐骨神経痛(お尻の付近の肌に近いところが痛むでしょう)」のことを病名だと思われている方が多いみたいですが、坐骨神経痛(痺れや痛みを感じて、立ち続けたり、座り続けたりするのがつらいこともあります)は「腰痛」等と似た感じのその症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)の名称です。背骨から出ている坐骨神経は、臀部を貫いて大腿部の後ろを下がり、ふくらはぎを通って足に達しているのです。この坐骨神経が圧迫されて引き起こされる神経痛の総称を「坐骨神経痛(?の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)」と言うのです。坐骨神経痛(?の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)が起こる要因としては挙げられているものには、腰部脊柱管狭窄症(手術をしても治らないこともあるでしょう)、すべり症、仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)など様々あるのですが、その中に椎間板ヘルニアも含まれていますよね。椎間板ヘルニア(症状が現れていなくても、実は罹病していることもあるそうです)は、主に腰の部分の腰椎第4と第5にかけて発症するんですが、それが何故下半身全体の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)にまで影響するのでしょう。それは、下半身の痛みを脳に伝えるのが、主に坐骨神経とその中枢にある脊髄の役割だからです。つまり、下半身以外の箇ところに異常があっても、臀部部分という坐骨神経痛(急性期には、マッサージや針治療などは行わない方がいいかもしれません)の痛みが何処かにあれば、それは下半身の痛みであると脳に伝えてしまいますよね。椎間板ヘルニア(?痛の原因の一つとしてとても有名ですよね)の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が進行していくと、腰痛に限ったことではなく、この臀部から太ももの裏にかけて鋭い痛みが走ったり、足全体がまんべんなく痛んでしまったり、というケースが考えられます。坐骨神経痛(?の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)の症状というのは、安静にしていても痛みが治まらず、咳やクシャミをするのみで激痛が走るケースもあるみたいですので、その元になる原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)を探し出す事が重要となるんですー